獲得標高4500mの世界 柳沢峠・上日川峠・笹子峠・松姫峠

獲得標高4500mの世界 柳沢峠・上日川峠・笹子峠・松姫峠1年の2大イベントの1つに東京~日本海(今年は東京~直江津~糸魚川)と、東京、山梨の連続峠越えというのがあり、今回は9月に、柳沢峠・上日川峠・笹子峠・松姫峠の獲得標高4500mを連続で走ることとなった。因みに走行距離は約220キロで、上り区間の距離は奥多摩駅~柳沢峠頂上が39.5キロ、上日川峠が7キロ、笹子峠が7キロ、松姫峠が24.8キロとなっていて、合計で約78キロと非常に長い上り坂になっている。

柳沢峠

奥多摩駅からほぼずっと上りで24.8キロもある柳沢峠。東京から山梨に行く貴重な道の一つのためか、交通量もそれなりにあるため、車が少ない夜から早朝のうちに通過したほうがいい。距離が長いのでここで無理をすると後々大変なことに。

上日川峠

入り口が柳沢峠を下っている途中にあり、道が狭いため注意が必要。道幅は狭い一方、車は比較的多く走っているので注意。上日川峠には、頂上までのキロ数が書いてある看板があるのが特徴。大菩薩峠入り口には人が大勢いるため、休憩するのなら別の場所がいいかも。

笹子峠

路肩が殆ど無い笹子トンネルを走らないで東京~山梨に行く峠になっている笹子峠。自動車は笹子トンネルを走るためか、自動車は殆ど通らず、自動車は少ない道で、走りやすい。恐らく、この4つの峠の中で、一番傾斜はゆるい。

松姫峠

山梨側からは距離が非常に長い。前半は比較的緩いが、ダムを過ぎた後半になると傾斜が徐々にきつくなる。この辺りになると非常にシンドいので、走るのに疲れたらおして歩いた方がいい。今回は、後半のうねうねした道を地図で見て、嫌になり一刻も早く帰ろうと、力の限り振り絞って飛ばしていた。

正直な話、獲得標高4500mは、東京から新潟に行くのよりキツイ。これができれば東京~新潟に行けると思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] FlyerはEscape RX4に装着していて、レーサーパンツ無しで東京~直江津~糸魚川330キロ、獲得標高4500メートル柳沢峠・上日川峠・笹子峠・松姫峠上りだけで合計約78キロ等の難コースを、このサドルを使い走っている。因みにWiggleでもBrooks Flyerが売られていて若干安い。 […]

  2. […] 今年は荷物を背負い東京~直江津~糸魚川、柳沢峠・上日川峠・笹子峠・松姫峠(こっちのほうが東京~直江津~糸魚川よりもキツイ)をEscape RX4でレーサーパンツ、ビンディングペダル無しで走ることができた。勿論Escape RX4はいろいろな部分をカスタマイズ、チューンアップしているが、どのくらいお金がかかっているか計算してみることにした。因みに値段は全部税抜き価格。 […]