BD-1で行く野辺山~清里~小淵沢ポタリング(2014年8月)

BD-1で行く野辺山~清里~小淵沢ポタリング(2014年8月)青春18切符を使用して小淵沢駅に到着した。野辺山まで行くには小海線を使わないといけないが、時間があるので駅で待つことに。因みに昔の小淵沢駅はSuicaに対応してなかったけど、今の小淵沢駅はSuicaに対応している。

野辺山行き小海線に乗車。乗客の殆どは観光客で、若い人は少なかった。

野辺山駅に到着。駅近くには無人販売所があり、野菜が安く購入できたみたいだけど、BD-1には荷物置場が無いのでパス。野辺山駅近くにはレンタサイクルがあるらしい。自転車はシティサイクルが多かったが、ブリヂストン等の有名ブランドの自転車が採用されていた。


取り敢えず走る。

JR鉄道最高地点に到着した後、脇道に入り畑を見ながら走ることに。

野辺山を下り八ヶ岳自転車道を通過して清泉寮に行くことにした。八ヶ岳自転車道は木が生い茂っているため、比較的涼しいが、道はあまり整備していないのか少し荒れている。

清泉寮では多くの人がジャージー牛のソフトクリームを買っていたが、自分はジャージーアイスクリームを購入。アイスクリームを食べながら1時間ほどのんびりしていた。

清里駅に到着すると。駅近くの観光案内書でレンタサイクルを発見。有名ブランドの電動アシスト自転車を使用している。その後、清里駅から電車に乗ろうと思ったが、せっかくなので下ることにした。


汗で体がべったりしていて嫌な気分になったので、甲斐大泉温泉パノラマの湯にによることにした。フェイスタオルプレゼントの画面を見せてフェイスタオルを貰い入浴。多くの温泉は湯の温度が高い所が多いけど、ここの温泉は丁度いい感じの温度なので、長時間のんびりとはいっていた。風呂に入った後は、せめて何かマトモな物を食べたいと思ったので、隣にあるお食事処「いずみ」でステーキ丼を食べてまったりしていた。ここまでまったりしていると、小海線を待つ時間が長くなるため、小淵沢まで下ることに決定。下り坂を楽しみながら下り小淵沢駅で自転車を折りたたんで帰ることとなった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク