草津温泉326 山の湯ホテルに泊まってみた感想

草津温泉326 山の湯ホテルに泊まってみた感想dscn9450

渋峠~草津温泉に行った時、一泊せずそのまま駅まで行き、帰ろうと思ったが、楽天トラベルをみたら偶々空いていたホテルがあったため泊まることにした。

渋峠~草津を自転車で走る(2016年10月)
渋峠を走る場合、草津方面から行く方法と長野方面から行く方法の2つがある。今回は北陸新幹線と長野電鉄を使用して、湯田中から渋峠...

名前は、草津温泉326 山の湯ホテル。宿泊と朝食の提供を料金に含んだ比較的低価格で利用できるB&Bタイプの宿で、草津温泉内の宿としては安価に泊まることが出来る宿となっている。草津温泉バスターミナルまでは徒歩約10分、コンビニまで徒歩約3分、湯畑まで徒歩約2分と近いため便利なのが特徴だ。

館内はスリッパで動く必要があり履き物は館内にある袋に入れて部屋の中に置いておく。また、全館禁煙で喫煙場所は館内には無いようだ。

宿泊した部屋はダブルベッドルーム。幅140cmとセミダブルベッドよりも20cm幅が広い。実は部屋に入った時、部屋にゆとりが無いという違和感があるとおもった。恐らく元の部屋は、二人寝ることができる大きめのベッドにトイレとユニットバスを入れるのを想定していないのだと思う。(宿泊予約サイトの感想を見ると、古い旅館をリニューアルしたと書いてあった。)テーブルや椅子は小さく最低限のサイズでテレビは壁掛けタイプを採用していた。

自分が宿泊した部屋ではベッドのゆとりは大きいが、その他のスペースにゆとりが無く、部屋の中に輪行袋入りの自転車を入れるスペースは厳しいと感じた。また上階に上がる場合は階段のみで幅も広くなく、スリッパ着用となるため、輪行袋に入れた自転車を部屋内にいれるのは難しいと思ったほうが良い。ただ自転車は1階のスペースの空いたところに置かせてもらったので、あまり問題にはならないのではないかと思う。

部屋に備え付けられているユニットバスは、部屋のスペースの関係なのか小さいが、24時間かけ流しの温泉浴場があるので、問題にはならないと思う。草津で安価に泊まることが出来、観光地からのアクセスが近いので個人的にはオススメだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク