東海汽船のフェリーとジェットフォイルの違い

東海汽船のフェリーとジェットフォイルの違いIMG_20160217_145318

東京から伊豆大島に行く方法で比較的安価な方法として船があります。東海汽船は大型客船とジェットフォイルの2種類の船を運航しており、両方とも特徴があります。

大型客船の特徴

大型客船の特徴は、座席や和室まで様々な客室があり、ロビーやレストランもあるなど時間を潰す場所があることでしょう。

席も多くあり、安価な2等和室や2等座席、ホテル並みの特等もあります。指定席ですが繁忙期で席が確保できない場合は最悪2等席なしもあり、高い確率で乗船することが可能です。

自転車は、有料なら自転車は分解せず積み込み可能。輪行袋に入れた状態なら無料で積むことが可能です。

欠点は、ジェットフォイルよりも速度が遅く、時間がかかることでしょう。また、日によってはフェリーが無い場合もあるので注意した方がいいでしょう。

ジェットフォイルの特徴

ジェットフォイルの特徴は時間が早いことでしょう。東京ー大島間を1時間45分で結ぶことができます。一日に何本もあり、大島から出る最終便もジェットフォイルとなっています。大型客船が運行していない時もジェットフォイルは運行しています。

席は座席の指定席のみとなっており。トイレと自販機しかありません。乗り心地はディーゼルの特急列車みたいな雰囲気があります。

自転車は分解し輪行袋に入れた状態のみで有料となっています。

大島に行く場合、時間重視ならジェットフォイル。価格と旅重視なら大型客船が良いでしょう。

参考 http://www.tokaikisen.co.jp/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク