自転車旅行記 伊豆大島1週(2016年2月)

自転車旅行記 伊豆大島1週(2016年2月)東京都の補助で伊豆大島行きのフェリー・ジェットフォイルが安く、宿も3,000円補助してくれるため、伊豆大島をレンタサイクルで1週することにした。

東京の竹芝桟橋のターミナルに行くと、多くの客がフェリーを待っていて驚き、自転車の台数も10台ぐらいあり更に驚いた。今回は2等和室の雑魚寝だったが左右に仕切りがなく、銀色のテープで仕切られているだけの簡単なものだった。

翌朝早くに大島岡田港着。降りるとバスが待っていて取り敢えず中心街に行く元町港行きに乗ってみた。元町港にあるレンタサイクルは朝早くからやっているのは、らんぶるレンタサイクルのみ。レンタサイクルはマウンテンバイクが中心で、今回はブリヂストン・オルディナM3をレンタルした。

自転車をレンタルして早速走るが、岡田港付近からはアップダウンが多くなり、島1週コースは初心者向けではないと感じた。

三原山には雪が積もっており、大島らしさがあまり感じない雰囲気。アップダウンがある道を走り下ると、筆島が見えるスポットに到着。佐渡などと比べると穏やかな景色だが、東京らしくない景色が東京からすぐ行くことが出来るのに驚いた。

波浮港では、安くて美味しい揚げ物がある店でコロッケ等を購入して朝食代わりに。5月から値上げがする張り紙があったが、60円のコロッケが65円になるとのことで店がやっていけるのかと不安になる。

地層大切断面という火山灰と火山礫が重なりあったのは、ダイナミックで見応えがあり、自動車が止まって観光している人もいるほどだ。朝に行くことができなかったサンセットパームラインは、比較的平坦で走りやすかったが風が強かったため寒い思いをした。

IMG_20160216_153247

6時に元町港をスタートして見ながら回っても12時には1週できてしまう伊豆大島。宿泊か船で帰るかを迷ったが宿泊補助があったため、今回は宿泊を行うこととした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする