しまなみ海道旅行記 その6(2015年春)

しまなみ海道旅行記 その6(2015年春)

大三島からは一路、今治まで行くことにした。

最後の島の大島のサイクリングコースは、島を縦断するコースのため、あまり面白くないのでつき進むことに。

最後の橋の来島海峡大橋。これまで5回以上渡ったことがあるが、個人的に一番好きな橋だ。尾道から来ると最後に登場し、しまなみ海道の中で一番長い橋なのでクライマックスの感じがする。

来島海峡大橋を降りたが、今治のレンタサイクルステーションの閉店時間が迫っていたため、眺めを楽しむ余裕もなく一路、今治駅近くのレンタサイクルステーションに向かう。レンタサイクルステーションに返却した後、今治駅を少し見たが、キオスクの壁にはしまなみ海道の写真があったり、自転車組み立て場があったり、ジャイアントストアがあったりするなど、自転車に力を入れているのがひしひしと感じた。

今回は今治にあるシクロの家という場所で宿泊することにした。シクロの家に入り宿泊の手続きや、今治にあるお薦めの場所の説明をしていたら、尾道のゲストハウスで会った外国人の人が入ってきた。どうやら、レンタサイクルを返したいようだが、わからないのでシクロの家に来たようだ。シクロの従業員の人たちも、手が開いていなかったので、自分が一緒に行き、レンタサイクルの返却をした。日本語しか話せす英語が話せない自分と、日本語が話せなず英語が話せる外国人の人と一緒にレンタサイクルの返却を行ったことは、非常に良い経験だった。シクロの家については次回書く予定です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする