しまなみ海道旅行記 その3(2015年春)

しまなみ海道旅行記 その3(2015年春)朝になり、さっそく朝ごはんを食べることにした。いつもならコンビニで買うのがふつうだが、尾道のアーケード街には、雰囲気が良い喫茶店が複数あり、500円でモーニングを食べることができるので、せっかくだから雰囲気が良い喫茶店でモーニングを食べて、渡し船に乗ることにした。

尾道から向島に自転車で行く場合、渡し船を使うのが一般的だ。尾道大橋からでも、自転車で行くことができるが、旅の雰囲気、車が多く、ラッシュ時には渋滞が発生するので、個人的にはできるだけ渡し船を使ったほうが良い。

しまなみ海道には、道路に青いラインが書いてあり、地図を持っていなくてもしまなみ海道の行き先がわかるようになっている。

因島大橋の入り口の看板を見ると、自転車が無料に書き換えられていた。また、かつては見なかった斜度の看板もある。

因島大橋は、高速道路の下に、歩行者・自転車、原動機付自転車が走れる橋となっている。昔に来たときは、自転車は緑色をしている歩行者と同じ道を走るようになっていたが、今は原動機付自転車と同じ道を走るようになっている。

因島は、正規のルートを走行していると途中から、狭い道に入り、きつい上り坂が出てきた。途中の観光施設に通過するようにしているルートなのかもしれないが、昔来たときは、このようなルートはなく、海沿いを走るルートだったはずだ。

因島を走り、次の場所に行こうと思ったが、最近登場した、ゆめしま海道に行ってみたいと思い、因島にあるフェリーに乗車することにした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする