しまなみ海道旅行記 その2(2015年春)

しまなみ海道旅行記 その2(2015年春)しまなみ海道の本州側の玄関口、尾道は坂の街とも言われている。そのためか駐車場料金は安くなく、公営駐車場の駐車料金が1日2,000と安くない。街の道も細い道が多く、神社めぐりをする場合は、階段を上らないといけないので、自転車での行動範囲はあまり広くないが、自動車の駐車に手間取るので、自動車よりはレンタサイクルのほうが観光には有効だ。

サイクリスト向けの自転車複合施設で話題となっている、ONOMICHI U2にもよってみた。ホテル、ベーカリーショップ、レストラン、バー、カフェ、自転車ショップ(GIANTストア)が入っていて、非常に洗練されていた。中にあるGIANTストアにある、ガラスにはしまなみ海道の地図が書いてあり、四国側にあるGIANTストア今治までの道が書いてある。

写真左にある橋は、尾道と向島に渡る橋。橋は2本あり、その1つの尾道大橋は有料(10円)ながら自転車の通行も可能。但し、歩道には自転車が通行するほどのスペースが無く、車道もあまり広くないので走りなれている人向けなので、普通の人は旅情感覚が楽しめる渡船のほうが良い。アイスキャンデー屋ではコーヒー味のアイスキャンデーを食べた。コーヒー水を凍らせたような感じの味で、個人的にはこれはこれで好きだ。

尾道の商店街は比較的発展していて、面白いカフェなどがあるので、ここで1日つぶすのも悪くない。とあるお菓子屋で、お菓子を選んでいたら、お茶と小さく切った饅頭が出てきたので、有難く頂いた。

今回、購入したのがかりんとう饅頭。外の皮が、かりっとしたかりんとうの味がして、中にある餡子と合うので中々良かった。その後はなんとなくお寺を見に行き、宿泊する予定のゲストハウスに宿泊。

ここでのゲストハウスの宿泊での、その他の宿泊客は外国人2人だった。その1人が、冷凍庫のどこにアイスを入れるか尋ねてきたので。英語がわからない自分は、一緒に探した。何だかんだで自己紹介(英語が話せないので名前のみ)したW氏(男性)とは、その後でもしまなみ海道で会うこととなる。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする