日本の道路にある”駅”の一覧表

日本の道路にある”駅”の一覧表駅と言うと普通は鉄道の駅を思い浮かぶのが普通ですが、駅の元の意味は、街道沿いにある宿場(宿駅)を指す言葉とのことです。街道沿いにある駅で有名なのは「道の駅」ですが、それ以外にの道にある駅があります。

スポンサーリンク

道の駅

国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設。24時間利用可能な一定数の駐車スペース、トイレ、24時間利用可能な電話、情報提供施設を備えた施設であることが登録条件となっている。

道の駅案内 – 国土交通省

みなとオアシス

地域住民の交流や観光の振興を通じた地域の活性化で、港を核とした街づくりを促進するためとして、住民参加による地域振興の取り組みが継続的に行われる施設として、国土交通省地方整備局長等が認定・登録した場所。

みなとオアシス  平成26年11月7日現在 登録港79港、仮登録港6港 – 国土交通省

まちの駅

地域住民や旅行者が自由に利用できる休憩場所や地域情報を提供する機能を備えている公共的空間。設置主体、設置場所に制限がなく、設置・運営に際しほとんど費用がかからないのが特徴。

まちの駅
まちの駅帖

海の駅

マリンスポーツやマリンレジャー、アミューズメント施設などの情報を提供、発信している施設。駅によっては、マリンスポーツなどのレジャーや海鮮市場、宿泊設備などを備えているところもある。

海の駅~海を楽しみ 海を味わい 海に憩う~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク