自転車を宅配する自転車輸送サービスのまとめ

自転車を宅配する自転車輸送サービスのまとめ自転車を遠隔地に運ぶ場合、輪行などを駆使して、自力で行く方法もある一方、自転車を宅配するサービスを使用する方法もあります。今回は、自転車を箱に入れるなど自転車を大規模に分解せず、宅配を行う自転車宅配サービスを纏めてみました。基本的にはスポーツ自転車専用のサービスで、輪行袋には対応していません。

CycloExpress料金表よくある質問

電動アシストや一般車(ママチャリ)は、3辺合計が240cm以内の箱に収まれば取扱い可能とのこと。奈良県発着の場合は上記価格(配送料のみ)より5%割引。手荷物は1つ1,200円(往復2,400円、税抜、離島(沖縄含)除く)で取り扱うと書いてあります。

取り扱いできない離島は伊豆七島。また、記載のない離島は問い合わせが必要になるため注意が必要です。

カンガルー自転車輸送便料金表よくある質問

オリジナル輪行箱のレンタルサービスを行っています。但し利用可能地域は制限されていて、関東は、栃木、群馬、茨城、千葉、東京、埼玉、神奈川、山梨、新潟。中部は、富山、石川、福井、長野、静岡、愛知、岐阜、三重。近畿は、滋賀、京都、大阪、奈良、和歌山、兵庫となっています。また、割引サービスでは、支店営業所持ち込み割引、支店営業所止め割引というのがあります。

取扱できない離島については、離島料金表(PDF)に掲載のない離島は、輸送対応していないとのことです。

BTB輪行箱ユーザー限定 自転車輸送・宅配便サービス

BTB輪行箱専用の自転車宅配サービスとなっています。輸送サービス提供外地域一覧があるため、離島に自転車を配達したい人は見ておいたほうが良いと思われます。

トヨハラ自転車商会・自転車便

こちらはスポーツ自転車だけでなく、電動アシスト自転車などの自転車に対応している自転車宅配サービスとなっています。箱に入れるのではなく、ハンドルとペダルにプチプチを巻いて発送をする簡単な方法になっていて、楽に送れる一方、料金は他の自転車宅配サービスと比べると高価になります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする