青春18きっぷのルールをまとめてみた

青春18きっぷのルールをまとめてみた北海道から九州まで全国にあるJR線に乗れることで有名な青春18きっぷ。多くのサイトで青春18きっぷについて紹介されているので、自分がわざわざ書く必要はないかもしれないですが、確認の意味もかねてまとめてみました。

・青春18きっぷで乗車可能なのは原則的にJRの普通列車のみ

青春18きっぷで乗れるのは、JR線の普通列車、JR西日本宮島フェリー、JR気仙沼線・大船渡線BRTのみ。新幹線や特急列車、急行列車に乗ることはできない。但し一部区間では特例が認められている。また、普通列車の指定席、グリーン自由席、ライナー列車に乗車する場合は別途券が必要。

・1券で5回まで利用可能。1回あたりの有効期間は1日

値段は11,850円のため、1日2,370円でJR線が乗り放題。但しバラにすることはできない。

・グループでの利用の場合は同一行程が条件

複数の人が同じ青春18きっぷを使うときは、同じ行程で行わないといけない

・翌日にまたがる列車に乗車の場合、0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効。

東京および大阪近郊の電車特定区間内では終電車まで有効。特定区間外への乗車は特定区間内の最終駅から下車駅までの運賃が必要。また、乗車中に0時を過ぎてから青春18きっぷを利用する場合は、0時を過ぎて最初に出発する駅までの乗車券が必要。

・JR線以外の会社線を経由する列車に乗車の場合は、別に当該区間の運賃・料金が必要。

JR線以外の会社線を経由する列車に乗車の場合は、別に当該区間の運賃・料金が必要。但し「青い森鉄道線」青森~八戸は、通過利用する場合に限り普通列車で利用可能、運賃を収受することなく利用可能。また青森駅、野辺地駅、八戸駅に限り途中下車することが可能。

・特例区間に限り特急列車の普通自由席に乗車可能

「奥羽本線」青森・新青森、「津軽海峡線」蟹田~木古内、「石勝線」新夕張~新得、「宮崎空港線」宮崎~宮崎空港間は、特例区間となっており、この区間だけ普通自由席に乗車の場合、青春18きっぷでも乗車できる。但し特例区間を超えて利用する場合は、乗車券、特急券等が必要になる。

以下、青春18きっぷのデータになります。

・料金:11,850円
・発売期間:

平成26年12月1日~平成26年12月31日

・有効期間:

平成26年12月10日~平成27年 1月10日

・乗車可能路線・列車:

・JR線の普通列車
・JR西日本宮島フェリー
・ 気仙沼線・大船渡線BRT

特例区間(別途料金なし)

・「青い森鉄道線」青森~八戸:通過利用する場合に限り普通列車で利用可能、運賃を収受することなく利用可能。青森駅、野辺地駅、八戸駅に限り途中下車することが可能。
・「奥羽本線」青森・新青森:青春18きっぷのみで特急・急行列車の普通車自由席が利用可能。
・「津軽海峡線」蟹田~木古内:青春18きっぷのみで特急・急行列車の普通車自由席が利用可能。
・「石勝線」新夕張~新得:青春18きっぷのみで特急・急行列車の普通車自由席が利用可能。
・「宮崎空港線」宮崎~宮崎空港間:青春18きっぷのみで特急・急行列車の普通車自由席が利用可能。

別途券があれば乗車可能

・普通列車(快速含む)グリーン車自由席:別にグリーン券を購入すると利用可能。
・普通列車指定席:別に指定席券を購入すると利用可能。
・ライナー列車:別にライナー券を購入すると利用可能。

参考URL

JR東日本:おトクなきっぷ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク